LUNA ルーナと副作用の関係性!


 

LUNA ルーナハーバルサプリは、

女性ホルモンが減少傾向にある、30代以降に向けたサプリ!

 

なのですが、この時期って若いころにはなかった症状が出ます。

 

ホルモンの減少により出る症状は個々によっても違うので、

一律同じではありませんが、

代表的なものとして、不正出血、頭痛、倦怠感・・・

 

こういったことが起こる主な原因として、ホルモンバランスの乱れがある!

ということなのです。

 

⇒一度ルーナ公式を確認してみる!

 

これから女性は、

何十年後かに「更年期障害」という避けては通れない道が出てきます。

 

現在30代の方も、一般的には50歳近くになると、

今まで出ていた女性ホルモン(主にエストロゲン)が減少どころか、

出なくなり、冷え・のぼせ・頭痛・ふるえ等の様々な症状が出ます。

 

今は30代のあなた自身が、

現段階でもホルモンの乱れによって(特に生理前)、

上記のような症状に近いことが出ているならば乱れている証拠。

 

このLUNA ルーナハーバルサプリは、

イライラしやすい黄体期にホルモンバランスを調整するサプリ!

 

比較的安定している卵胞期にはバストアップ!と

計2種で1セットを摂取する新感覚のサプリです。

⇒LUNA ルーナハーバルサプリのオススメの摂り方はコチラ!!

 

そんなLUNA ルーナハーバルサプリなのですが、

身体に不調を受けやすい体質の方が特に過敏なることがあります。

 

それは、

「LUNA ルーナハーバルサプリを摂って副作用は出ないの?」

こういったお悩みや疑問について解決していきましょう!

 

⇒ルーナ公式で疑問を確認してみる!

 

LUNA ルーナハーバルサプリと副作用の関係性!

 

 


 

これはLUNA ルーナハーバルサプリだけはなく、

バストアップサプリ全般で、副作用を起こす成分はわかっています。

 

それは「プエラリア」という成分なのです。

 

このプエラリアはバストアップには欠かせない成分であるので、

どのバストアップサプリにも配合されています。

 

もう1つは、女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、

そのおかげで、バストアップにも効果があります。

 

では、なぜ副作用が起こるのでしょうか?

それは、プエラリアの過剰摂取なのです!

 

即効性を求めてしまうあまり、

プエラリアを過剰に摂ってしまう女性が副作用の口コミをしています。

 

決められた容量が必ずありますが、

急いで効果を出したい為に、

1日1粒が適量なのに2粒、3粒と飲んでしまう・・・

 

これでは、せっかくですが副作用が起こります!

 

⇒ルーナの詳細を公式を確認!

 

具体的な副作用の症状はどんなもの??


 

プエラリアを過剰摂取すると、

女性ホルモンを促進させてしまうため、バランスが崩れてしまいます。

 

結果として、頭痛、生理不順、不正出血、

倦怠感などの症状を引き起こしてしまうこともあります。

 

プエラリアの含有量が非常に多いサプリもあり、

それが1日400mgや300mgも配合されているバストアップサプリもあります。

 

プエラリアの原産国であるタイでは、

1日の摂取量を100mgまでとしているのは、この範疇が適量だからです。

 

日本では、摂取量に関して規制もなく、

サプリメントという食品の分類であることから、

100mgを超えるバストアップサプリが流通もしていますよ。

 

つまり、100mgという適量を守ってサプリを摂ること!なのです。

 

そのLUNA ルーナハーバルサプリは、

1日のプラエリアの摂取量が100㎎となっています。

 

卵胞期の「きらきら期」に1日2粒摂るのですが、2回で100mgです。

 

ちなみに黄体期である「まったり期」には、

プラエリアは全く配合されておりません。

 

まとめると、バストアップに期待するなら、

そこだけに焦点を当てるのではなく、摂取量にも気を付け、

体調管理にも注意を払いましょう!ということなのです。

 

もしLUNA ルーナハーバルサプリが気になっておられるなら、

公式サイトを覗いてみることをオススメします。

 

初回1,980円でゲットできる定期モニターコースと、

90日間全額返金保証も付いているので、しっかりお試しできますよ♪

 

⇒ルーナハーバルサプリ定期モニターはここ!

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ